2011 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 04

善徳女王 52~54話

kage

2011/03/31 (Thu)

52-1.jpg

女王となったトンマンは、民に鉄製農機具を与え、国民に土地を

持たせようとします。



ユシンに対しては、復耶会の解散を要求、伽耶人を新羅の民として

受け入れるよう話す。



百済との戦いで勝利したユシンが帰還。

52-2.jpg



52-3.jpg

トンマンの即位後、ユシンvsピダムの構図がはっきりしてきました。


そして、立派になった方たち

52-4.jpg


コドも!

52-5.jpg





そんな中、司量部では復耶会の存続を知り、ピダムは証拠探しに奮闘。

宮殿に復耶会の密偵がいる事を知ったピダムは、密偵を逮捕し、

復耶会の暗号を利用し、復耶会である事を吐かせる。



トンマンは、ユシンにウォルヤと復耶会を捨てるよう命じる。

52-6.jpg







ピダムは、ユシンに自ら伽耶人を一掃し、ウォルヤの首を取ってくる

よう言う。



トンマンを訪ねたチュンチュは、ピダムの勢力とユシンの勢力の均衡

を保つため、ユシンの勢力をうつなと進言する。

53-1.jpg






ピダムは、復耶会の密偵をわざとユシンの護衛につけ、ユシンを

宮殿の外へ移送し、復耶会にユシンを救出させる計画を立てる。

ピダムの計画通り、ウォルヤ達はユシンを救出する。

ユシンを伽耶人の王にしたいウォルヤと新羅の民としてやり直そう

とするユシンは衝突する。

53-2.jpg



53-3.jpg





ユシンがウォルヤと逃走したという連絡をうけたピダムは、トンマンに

ユシンを新羅の敵と宣言するよう言う。

苦渋の選択を迫られたトンマン。

家臣の前で、「ユシンは新羅の敵」と宣言しようとした瞬間、

ユシンが帰ってきたという知らせが入る。

53-4.jpg






自ら宮殿に戻ったユシンは、伽耶人の支持を得るため、復耶会を

受け入れるようトンマンを説得。

しかし、ユシンのかたくなな態度に腹をたてたトンマンは

ユシンを流刑にする。



ピダムの司量部が王直属でなくなり、自分が遠ざけられたと思う

ピダムは、トンマンに自分が信じられないのかと問う。

54-1.jpg



54-2.jpg



54-3.jpg

しかし、トンマンは「自分はもう女でない。自分が王である限り、

誰の物にもならない」と言います。




一方、流刑になったユシンに、トンマンは密かに百済軍の偵察を

命じる。

百済軍に潜り込んだユシンらは、百済軍がテヤ城攻撃を計画している

事、テヤ城に密偵がいて城門を開ける計画を立てているのを知る。

だが、敵兵だとばれてしまい、百済兵に囲まれてしまうユシンら。

その時、ウォルヤ率いる復耶会がユシンらを救出する。

そして、ユシンに伽耶人か新羅人か、選択を迫るウォルヤ。

「伽耶はもうない。」と言うユシンに対し、ウォルヤは

「同盟は終わった」と言い去って行くのだった。

54-6.jpg




ユシンから知らせを受けたトンマンは、家臣を集め、テヤ城に百済軍が

迫っていると告げるのでした。

そこへ、ポジョンが現れ、百済陣営にいたユシンを密偵容疑で

捕らえたと報告するのだった。





トンマンの即位後、ユシンVSピダムとなってきました。

ユシンは、その一方、復耶会をめぐってもウォルヤと決裂のような…

ピダムの恋心は、トンマンには通じず、ちょっと可哀そうな気が

しますが、そのあたりもどうなっていくのか気になります。




応援クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ


ありがとうございます。
スポンサーサイト