2010 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 12

天国への郵便配達人 前編

kage

2010/11/29 (Mon)

ジェジュン、ハン・ヒョジュ出演、「天国への郵便配達人」

やっと見る事ができました。

DVDは、もう9月くらいに出ていたと思います。


日韓合作映画「テレシネマ」7作品のうちのひとつ。

脚本は、北川悦吏子さん。 

ジェジュンが出演したドラマ「素直になれなくて」も北川悦吏子さん

でした。そういう縁でしたか…




天国への0


広い野原の真ん中にポツンと立つ赤いポスト。

そのポストに手紙を投函しに来たハナ(ハン・ヒョジュ)は、不思議な

若い男性ジェジュン(ジェジュン)に会う。

彼は、ポストの中の手紙をバッグに詰め込み、自分は、天国にいる死んだ

人に手紙を届ける”天国への郵便配達人”だと話す。

天国への1


彼は、愛する人に先立たれた人達を助ける天国への郵便配達人の仕事

を手伝わないかと、ハナを誘うのだった。

天国への2



天国への3

時給二万ウォン。やる? やるよね~私なら。



やらないと断ったハナだが、就職活動中。

”アリバイ製作所”というアリバイを工作する会社を訪ねる。

ここが、怪しい会社で、結局、ハナは、ジェジュンの仕事を手伝う

事にする。

天国への4



天国への5



天国への6

カフェで、手紙を読み、仕事の相談をする2人。

そのやりとりが、結構面白いです。

2人のお給料って、誰が払うの?この疑問は、残ります…。




ハナの最初の仕事。

奥さんを亡くしたハラボジ。

亡くなった奥さんの遺品の中から、自分ではない他の男性からの

熱烈なラブレターを見つけてしまいます。

そして、息子が、その男性の子供ではないかと疑い始めます。

ハナは、以前訪ねた”アリバイ製作所”へ行き、偽のDNA鑑定書を

作ります。

息子が鑑定を依頼したと思わせて、家に届け、ハラボジに先に見て

もらうように仕向けます。


チェさんが、帰ってくる前に、

天国への7


DNA鑑定書を受け取ったハラボジは、息子宛てだが、気になり

封を開け、結果を確認します。

そこには、99.99999…%実子と書かれていました。

その偽の鑑定結果を見て、自分の息子だったと喜ぶのでした。

天国への9




こうして、最初の仕事を終わらせたハナ。

次の仕事は、今をときめくミュージシャンのユンシク。

父と2人暮らしだったが、その父も彼のデビュー直後に亡くなって

しまう。

芸能界入りを反対していた父に、ライブをみてほしかったと。

そこで、ハナは父親が入院していた病院の看護師を装い、

ユンシクの写真のスクラップを持って、ユンシクを訪ねる。

死んだ父親も応援していたと話すと、ハナに感謝するユンシク。

(このスクラップも、アリバイ製作所で作ったものです)

天国への10

でも、こんな看護師さんは、いませんよね?






ある日、手紙を取りに行くと、母子が手紙を投函しにやってくる。

その女性は、ハナの好きだった人の愛した人だったのです。

泣いてるハナに、ジェジュンは、

天国への11



天国への12


すると、ハナは、「死んだあいつだって、話を聞いてくれなかった。

私に興味なんてないの。ただ、遊びたかっただけなんだよね。」

と、話します。

ジェジュンは、「もう1人じゃない」と言って…

天国への13






天国への郵便配達人の仕事を手伝うようになって、ツライ恋愛を

忘れ始めたようなハナ。

だんだん、2人が近くなってきてます。

そして♥

それにしても、ジェジュンもヒョジュちゃんも綺麗で

絵になりすぎです。




亡くなった人へ思いが残っていて、つらい思いをする人達を

助ける仕事をする2人ですが、たとえそれが嘘でも、救われたのなら

良しという事でしょうか…。

私には、答えがでませんけど、偽の鑑定結果を見たハラボジの

ほっとした嬉しそうな笑顔を見たら、いいのかなと思ったりします。



長くなりそうなので、このへんで^^




励みになります。
応援クリックお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ


ありがとうございます。

スポンサーサイト