2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:信義 の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

信義 視聴完了

kage

2013/06/05 (Wed)

後漢末期の伝説の名医 ”華陀” 内臓の病、外傷、毒傷から長患いの持病まで

あらゆる病を治した。

とりわけ手術では神の手と称される。

天下統一を図っていた曹操から典医にのぞまれたが、断ったため命を狙われる。

その時、天穴が現れ、”華陀” は天穴へと消えた。


こんな伝説で始まりますが、これがのちのちへと繋がっていきます。






西暦1351年、高麗時代、恭愍王一行はチェ・ヨン率いる近衛隊に護衛され、元から

帰国。 その途中、刺客に襲われ王妃が負傷する。 あらゆる病を治す

伝説の”神医”でなければ命は救えないという侍医の判断を聞き、チェ・ヨンは

”神医”を求めて天界へ繋がる”天穴”に入り込む。

この”天穴”が高麗時代と現代を繋ぐわけなのです。 

信義1-1




ヨンがたどり着いたのは2012年のソウル。

そこで出会った整形外科医のユ・ウンス(キム・ヒソン)を”神医”と勘違いしたヨンは

高麗へ強引に連れて行く。


チェ・ヨンを演じるのは、イ・ミンホ。

信義2-1


訳が解らないまま王妃の手術をしたウンスは、

どうにか元の世界へ帰ろうとするが、王命により引き止められ、天穴も塞がってしまう。

現代のソウルへ帰る事が出来なくなったウンスは、王から頼まれ国の医仙になる。

信義23-3








中盤までは、ウンスが王と実力者のキチョル、王の叔父、、徳興君(トックングン)の

取引に利用され、ヨンとウンスのラブがあまり描かれてないので、我慢かな…。

それに王さまが頼りないので、イラッとします。

でもだんだん王と王妃が仲睦まじくなっていく様子は、良かったです。

信義23-2






ヨンとウンスの気持ちが固まってくると、時空を超えたロマンスの結末はどうなる?

最後、どう持ってく? これにつきます。



キチョルが持っていた”華陀”の形見3つ。

古びた現代の医療器具、ウンスとハングルで書かれた手帳、そして…


ウンスはこの手帳から、次に天穴が開く日時を割り出します。

”華陀”の形見は、ウンスのものでした。


全てを手に入れながら心が満たされないキチョルは、ウンスと天界(現代)へ

何が何でも行くつもりです。




”華陀”の形見3つめは、プロジェクター。

なんとこれもウンスのものでした。 驚くウンス。

信義24-1

信義24-2




やがて、ウンスの計算どおり、天穴が開きます。

ヨンとウンスより先に天穴へやってきたキチョルですが、天穴にはじかれ、

入る事ができません。

どうやって天穴に入るのか聞くキチョル。

どうやら邪悪な心の持ち主は、天穴に入れないのでしょうか?


信義24-3



ウンスと天界(現代)へ行こうとするキチョルは冷気の内攻で、ヨンを倒します。

ウンスは倒れたヨンを蘇生しようとしますが、キチョルに天穴へ連れて行かれます。

しかし、キチョルはまた天穴にはじかれ、凍っていきます。

信義24-4



キチョルの最期。

彼の存在もドラマを面白くしてくれました。

何が何でも天界(現代)へ行きたがる姿は笑えた!!

信義24-5






天穴へ入ったウンスは、再び、2012年現代のソウルへ戻りました。

ヨンを助けるため、医療器具や薬、手帳をカバンに入れる。

机にあったあのプロジェクターも!

信義24-6

あの ”華陀”の形見とされてるプロジェクターはウンス自身が現代から

持ってきたものでした。





そして再び、天穴へ入るウンス。

ヨンが待つ時代に戻れるのでしょうか…

信義24-7

信義24-8

信義24-9

信義24-10

信義24-11


天穴から出ると、そこはヨンと出会った時代の100年前の時代でした。






のちに”華陀”の形見とされた物は、ウンス自身がヨンを助けるため、

現代から持ってきた物でした。

伝説の”華陀”とは、ウンスの事ですね。

ヨンの無事を信じて、医者としてその時代で生きていたのです。

信義24-12

信義24-13





ウンスが現代から持ってきたプロジェクターで、両親の姿を見てるシーン、

泣けました

途中でバッテリーが切れちゃうんです…

信義24-14







ウンスは天穴が開く日を計算し、手帳に書いていました。

100年後のウンスも、これを見て天穴の開く日を計算していました。

このへんがややこしいんですよね(>_<)



再び天穴が開き、そこへやってきたウンス。

ヨンへの強い思いが届き、ヨンのいる時代へ戻る事ができるのか?

信義24-15

信義24-16






天穴から出ると、そこは2012年のソウルのようです。

ウンスは躊躇することなく、再び天穴へと入って行きます。




そして天穴から出た時代は、ヨンと別れてから最低5年経った時代のようです。

(この辺が王様が変わったりで、よくわからなかった!)

ウンスは、入った酒場で近衛隊の懐かしい面々の姿を見る。

彼らの会話から、ヨンがあの日別れた木の所にいることを知り、向かう。

信義24-17

信義24-18


副隊長、トクマン、テマンとあの時からちょっとえらくなってる姿に

ウルウル…







そこには年を重ねた?ヨンがいました。

もしかしてずっとウンスのことを待っていたのでしょうか。

信義24-19

信義24-20


ヨン、老けた…

でも再び、巡り合う事ができた2人。

強い思いが届いたんですね。

このラストシーン、良いです

タイムスリップものって、どうやってハッピーエンドに持ってくのか、

ここがポイントだと思いますが、このラスト、私は好きです。

現代に戻らず、ヨンと巡り会えることを信じてきたウンス。

この気持ちが時空を超えて、再会を果たす…いいですね~。





歳の差カップルと言われたようですが、全然違和感がなかったヨンとウンス。

イミンホssiはとても格好良かった

ファンタジーですが、時代物も似合いますぅ。


そして「悲しき恋歌」以来のキムヒソンssi。

この頃から変わらず、おキレイです。

最初の頃の元気で明るい姿も良かったですよ~。





この角度とか本当いいですわ~(*^_^*)

信義22-3





イミンホ大好きな方もそうでない方も応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ


ありがとうございます。
スポンサーサイト