2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:韓国ドラマ ま行 の記事リスト(エントリー順)

ZE:Aのシワンくん主演ドラマ 【未生~ミセン~】 視聴完了です。

kage

2015/08/22 (Sat)

ZE:Aのメンバーとしても活躍中のシワンくん主演ドラマ 【未生~ミセン~】観終りました!!



ドラマ冒頭、主人公チャン・グレが中東のどこかで、男を追いかけて街中を走りまわる

シーンから始まります。  そしてそこからさかのぼって…



プロ棋士になることがすべてだったチャン・グレ(シワン)。

しかし父親が亡くなりプロ棋士になる道が断たれ、コネで総合商社ワン・インターナショナル

の営業3課でインターンとして働くことになります。

社会経験も学歴もないゲレは、同僚から見下され嫌がらせを受けたり、仲間外れにされ、

しかも上司からは無能と評価される。

だが囲碁で培った記憶力、集中力、適切な状況判断や機転で、営業3課に起こる

トラブルを解決し、オ次長(イ・ソンミン)とキム代理(キム・デミョン)の信頼を得ていく。



インターンの社員採用試験で、変わり者と評されるハン・ソクユル(ピョン・ヨハン)と組み、

見事、2年契約の契約社員として採用され、ゲレは営業3課に正式に配属されるのでした。

ミセン5



グレ以外は正社員として採用されます。

同期はアン・ヨンイ(カン・ソラ)。

英語、ロシア語が堪能。 しかし入社当時は、セクハラ、パワハラを受ける。

ミセン8


チャン・ベッキ(カン・ハヌル)。

ずっとエリートコースを歩んできたが、配属先では仕事を中々与えられず、

一時は辞めることも考える。

高卒、コネ入社のグレを認めない。

ミセン6


ハン・ソクユル(ピョン・ヨハン)。

社員採用試験ではゲレと組んだ。

お調子者だが、現場を大事にする考えを持っている。

直属の上司から嫌がらせを受ける。

ミセン7


そして、営業3課のオ次長とキム代理。

色んな案件を進めていくうちに、3人の絆が深まっていくのが、じ~んときます。

これまで1人きりだったグレが、「ウリ」 私たちって言えるようになっていくのが

観ててすっごく嬉しかったよ。

ミセン2


ミセン9





上からヨンイ、ベッキ、ソクユル、新人たちの直属の上司になる代理、3人。

みなさん、いい味出してました!!

私は真ん中のオ・ミンソクssiが好きです。

けっこう色んなドラマで見かけますよね。  男前で声もステキであります。

ミセン1





2年契約が終わりに近づいてくるグレ。

グレを正社員にしたいオ次長は、違和感を持ちつつも専務が推す案件をすすめる。

しかし専務の中国企業との”関係”に本社から監査が入ります。

そして専務は去り、オ次長も責任を取り、会社を辞めることになってしまいます。

グレを正社員にという声が上がりますが、結果はだめでした。



営業3課の仕事も成功して、グレは正社員になるのが、1番最良の終わり方と

思っていましたが…



会社を辞めたオ次長は会社を興し、グレを入社させます。

そこへキム代理も会社を辞めて、なんと合流!!

営業3課のメンバーがまた終結です!!

そして問題解決のため、アンマンへ向かうグレ。

ドラマ冒頭のシーンとなります。



このドラマは漫画が原作となっていて、韓国ドラマらしい要素は全然ないです。

会社で起こる様々なことが中心となっていて、恋愛とかもなし!!

同期のグレとヨンイ、いい感じになるのかと思いきや、進展なしですわ(笑)

パワハラ、セクハラ、職場でのいじめ、非正規雇用とか、そういうのって

日本だけじゃないんだなと思いました。

どの国でもあるんですね。

見ていてこれ絶対だめでしょっていうのが最初の方はいっぱいあって、驚いた!!


シワンくんが演じるグレが主人公なんだけど、オ次長役のイ・ソンミンssiがいいですよ~

存在感がすごかったです。


プロ棋士をめざしていたから1人だったグレが、オ次長たちと出会い、一緒に仕事を

していくうちに、居場所を見つけて、1人じゃないって思えるようになっていく姿が

ジ~ンときます。

グレの熱血じゃないけど、自然体で頑張る姿、応援したくなりますよ。

シワンくんにぴったりだと思いました。

韓国ドラマっぽくないけど、すごく良かった、面白かったです。

こんな韓国ドラマもあるんですよ~と皆さんにお伝えしたいです。

機会があればぜひぜひ見て下さいませ。




あっ最後にちょっとした伏線がありました。

もう1度、1話を確認しちゃいましたよ^^    ぜひ、チェックを(*^^)v




そうそう私、シワンくんが「ZE:A5」とかいうユニットで活動した時、某ショッピングモールで

見たことあり❤

小柄でキレイな男子だったというのを覚えてます(*^。^*)



グレたちが勤める会社「ワン・インターナショナル」。

ソウル駅の向かいにある茶色のビルが使われていました。

屋上で話をしたりしている背後にいつもソウルタワーが映りこんでいました。

このビル、絶対行ってみたいです!!
スポンサーサイト

ママ~最後の贈りもの~ 視聴完了です。

kage

2015/03/25 (Wed)

ソン・ユナ主演ドラマ、<ママ~最後の贈り物> 観終りました。

余命6ヶ月のシングルマザーが残される息子のため、家族を作ろうとする、

涙なしでは観れないドラマです。


相関図、お借りしました。 ありがとうございます。

     ママ相関図




余命6ヶ月のシングルマザーのスンヒは、1人残されてしまう息子グルのため、

父親であるテジュの家族に近づく。

やがてテジュの妻ジウンと接するうちに、2人の間には友情が生まれて行く。

スンヒのアトリエの2階に住むジソプは、病気が進んでいくスンヒの世話をする。

そしてスンヒに想いを寄せるようになっていきます。


テジュがグルの父親だとわかると、スンヒとジウンの関係は悪くなり、

やがてジウンとテジュも離婚してしまいます。

だがスンヒの病気のことを知ると、ジウンは再び、スンヒの世話をするように。



このドラマ、いきなり余命半年、息子を1人残して逝かなければならないという設定。

しかもスンヒは天涯孤独の身なのです。

残された息子グルを思うと、涙が出ます…

どうか1人残されてしまうことがありませんように…

それにはどう周りの人が動くのか?  そのことをずっと考えて観てました。



グル役のユン・チャニョンくん、お初の子役くん。

仕事ばかりしていた母親と始めはぶつかってばかりいたけど、母親の異変に気づき、

動揺したり、心配したりする多感な男の子を演じました。

涙を誘う渾身の演技でした。

ママ-3



テジュの母親に結婚を反対され、カナダに渡り、1人でグルを育てるスンヒ。

画家として成功して、韓国へ戻って来る。

残される息子グルに家族を贈るために。

ママ-2



ジウンはグルがテジュの息子だと知ると、スンヒから距離を置くようになるが、病気を知って、

2人の友情は復活します。

友情が生まれる関係じゃないスンヒとジウンですが、こういう大人の友情っていいなぁと

思いました。

ママ-1



余命6ヶ月と言われたスンヒですが、グルの中学入学式には出席できました。

亡くなってしまう場面はありませんでした。

この方が良かったですよね。

テジュとジウンは離婚しましたが、グルの成長を一緒に見守っていったようです。

ママ-4



ラストは、20歳になったグルが母スンヒとバイクに乗った場所に戻ってきました。

成長したグルは、想像した姿とはちょっと違いますね…

でもテジュやジウン、ジソプらに見守られ、立派に成長しましたよ。

スンヒの幻と会話する場面は泣けました~

ママ-5




そして、私のこのドラマ、最大のヒット  ホン・ジョンヒョンssi(=^・^=)

最初は他人だからと病気のスンヒの世話をやくうちに、彼女のことが

気になるようになっていきます。

余命半年と知りながらもスンヒに付き添い、やがて籍を入れ、グルの父親になる優しいナムジャを

演じました。

できることじゃないですよね。

演じたジョンヒョンくんにぴったりの役だったと思います。

注目の俳優さんですよぉ。

ママ-6



まだ小さい息子を残して逝かなければならないのは、置き換えて考えると、

胸がいっぱいになり、泣いてしまう所もたくさんありました。


多感な少年グル役のチャニョンくん、将来楽しみな子役くんです。

私も見守って行きますね。




応援クリックいただけると嬉しいです。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。

チャンミン主演ドラマ <mimi> 視聴完了です。

kage

2014/07/19 (Sat)

東方神起チャンミン主演ドラマ<mimi>観終りました~


このドラマは、イ・ミョンセ監督の映画「M -エム-」が原作で、カン・ドンウォンが主演してました。

実はこのことを知らずに観てました。   ドンくんファン失格ですね…



人気ウェブ漫画家ミヌ(チャンミン)は、偶然見つけた2003年のカレンダーを元に、

漫画を描き始めるが、連載がすすんでいくと、原因不明の頭痛に悩まされるようになる。

2003年の記憶が思い出せないミヌは、続きが描けなくなってしまう。

そんなミヌの側にはミミ(ムン・ガヨン)という少女がいつもいました。

しかし、ミヌにはミミが見えていません。

ミミはもう亡くなっているようです。

2003年の記憶を思い出そうと当時通っていた高校を訪れるミヌ…

そこには、ミヌとミヌの初恋の人ミミの思い出が。


チャンミンが10代と20代のミヌを演じ分けています。

mimi2.jpg


mimi11.jpg




2003年12月8日、ミヌの代わりに交通事故で死んでしまったミミ。

その記憶を思い出したミヌは、運命をかえようとする。

2013年12月8日、皆既月食。

皆既月食に合わせて死んだ人がもどってくる…そう思ったミヌ。

自分が死んだら、10年前、代わりに亡くなったミミがよみがえるんじゃないか?


mimi8.jpg





何かに引き寄せられるように訪れた「ルパン」という店。

そこにいたアンブレラマン(死神さんみたいな感じか?)から、

「記憶を取り戻しましたね」と言われる。

mimi12.jpg



ミヌがマッチをすると、そこにミミが現れました。

mimi3.jpg



「もちろん。いつでも。ミヌがいるとこならどこでも私がいるから」 そう答えるミミ。

涙ぐむ2人。




母に別れの電話をかけ、ウネ(シン・ヒョンビン) に連載の続きのデータを渡したミヌは、10年前、

事故にあった時計台の側に行く。

皆既月食が始まる午後7時、マッチをすると、ミミが姿を現します。

マッチを持ったまま信号を渡るミヌに、10年前と同じように救急車が近づいてくる。

しかし、救急車はミヌの前を通りすぎる。 

ミヌは無事でした。



「ミヌを連れていかないで」 とアンブレラマンにたのむミミ。

ミミは、ミヌが何事もなく過ごせることと引き換えに、ミヌから自分の記憶を消すことを

頼みます。

アンブレラマンはミヌからミミの記憶をすべて消し去りました。


mimi7.jpg




おもいっきり愛し合ってください。生きているうちに。…… 愛しているなら何度でも

口に出してください、愛しているって。


家に戻ったミヌはすべてを思い出し、涙を流します。




展示会の会場。

完成したミヌの作品のパネルが展示されています。

mimi4.jpg


mimi5.jpg


mimi6.jpg



ミヌの幸せを祈り、ミミはミヌから自分の記憶を消したのでした(涙)



「これからはミヌさんの鉛筆を削ってもいいですか?」

展示会に新人のミヌを推薦したウェブ漫画会社の部長ウネとの恋の予感も。




28歳と18歳の高校生の役を演じていたチャンミン。

初恋のミミに対しては、ちょっと初々しい感じがとても良かったですよ(*^_^*)

mimi9.jpg




そして自分の代わりに死んでしまったミミと話し、涙するチャンミンの演技、

涙をためた瞳、切なさも伝わってきました。



2003年、高校生時代の映像がとてもきれいでした。

ちょっとミステリアスなストーリーで、しっかり見ないと見逃してしまって、もう1度見たり。

そんなんで、うまく表現できませんが、チャンミンの演技、良かったです

ムン・ガヨンちゃん、とても初々しく、可愛い女優さんでした。



初恋… そんな美しい思い出、私にはありません。




チャンミン大好きな方、応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。




マイラブリーブラザーズ 視聴完了。

kage

2014/01/11 (Sat)

昨年末ですが、マイラブリーブラザーズ、50話視聴完了しました。

ユ家の3兄弟、ヒョンギ、ミンギ、スンギの恋愛、結婚を描いたホームドラマです。

3兄弟のキャスティング、いいですよね~

大好きな俳優さんばかりで、とても期待して観始めたドラマでした。




ブラザーズ000







長男ヒョンギ、妻と死別し、娘アラムがいます。

アラムと同じ幼稚園に通う息子を持つイノクと知り合い、偶然が重なり、思いあうようになる。

自慢の息子が、夫と死別し息子がいる女性と結婚するのが許せない母親のジョンスク。

それでも何とか結婚式にこぎつけるヒョンギとイノク。

だが、式の当日イノクの元恋人が、アメリカから帰国し現れる。

この男性テジュがイノクの子タビンの実の父親で、さらにテジュの母まで現れ、タビンの親権を

渡せと迫ってくるのでした。

テジュは息子を事故で亡くしていて、それが原因で離婚していました。

その事実がついには家族全員知ることになって、タビンもうつ病になってしまいます。

ヒョンギとイノクも別居、その後、テジュと母親はタビンを諦め、アメリカに帰国、

2人は元通りになり、イノクとタビンはユ家へ戻ります。

ブラザーズ50-2





二男ミンギ、親友ジンの婚約者シニョンに片思いをしている。

訪れた旅先で出会ったボンナム、こっそりミンギのトランクに隠れ、ソウルへ出てきます。

ミンギがシニョンに思いを寄せていることが知られてしまい、ジンとシニョンは距離をおきます。

シニョンと両親の事故の救助で車椅子生活になってしまったジンは、みんなに内緒で

リハビリをし、立てるようになるのでした。

そしてジンとシニョンは元の関係に戻り、アメリカへ。

ボンナムの方が積極的にミンギに思いを伝えていたが、ミンギも気づけば、ボンナムの

事が好きになっていました。



リュ・スヨンssi、好きだ~

ブラザーズ50-1





三男スンギ、スンギの浮気が原因で離婚。

ミリムを思う男性が現れ、やっとミリムが大切な人だったと気づくスンギ。

それからはよりを戻そうとミリムに尽くします。

ミリムの気持ちが動きかけたころ、ミリムががんだと分かる。

ミリムはスンギと息子ボラムのため、2人から離れようとしますが、

最後はスンギの気持ちが通じ、がんと向き合う決意をします。

ブラザーズ50-3








3兄弟とイノク、ミリム、ボンナム、それぞれの子供たち、両親と集まり、

和やかなラストでした。

ヒョンギ、イノク夫婦はおめでた、みんなハッピーで終わりました。

ブラザーズ50-7

ブラザーズ50-6

ブラザーズ50-5

ブラザーズ50-8







長男ヒョンギとイノクは母親の超反対にあいますが、アラムの将来も考えて、

結婚が許されます。

このつらい道のりの後、結婚式までは良かったのですが、タビンの実の父親テジュと

その母が現れ、引っかきまわす…そのあたりから、ちょっといやな感じになってきました。

実はタビンは死別した夫の子供ではなく、結婚前に付合っていたテジュの子だったのです。

それを知らず、渡米したテジュ。

体調を崩したイノクを心配し結婚したのですが、夫は亡くなってしまいます。

その後イノクは、義父と義妹とずっと暮らしてきたのでした。

義父は本当の孫ではないと知り、タビンにも冷たくあたりました。



そしてタビンの親権がほしいテジュ母の行動で、タビンがとうとう病気になってしまう。

さらに悪いことにテジュ母とヒョンギ母は、犬猿の仲の友達という。

ヒョンギ母もタビンに対してつらくあたるのですよ。

結局、被害をうけるのはタビン。


ブラザーズ50-9






同じ状況じゃないから分からないないけどヒョンギ母やテジュ母、イノク義父、更にはジン母、

この親たちの言動がちょっと行き過ぎで私には考えられなかったです。

自分の子供が大事で(これは解ります)、でもそうではない他の人には結構ひどい事を

言うわけですよ。

自分勝手すぎる。

それは子供のタビンに対してもなんです。

そういうのが観ていて気持ちがいいものではなかった、これが残念でした。





ヒョンギとイノクの結婚までの障害は許すとして、そこで終わったら良かったのに、

タビンの実の父とその母が現れてからが全くいや~な感じで、

狭い範囲でいろんな事が起こりすぎるし、みんなが繋がりすぎているのも残念。

そんな偶然ある訳ないじゃん!!  

まとめるために渡米とお決まりのパターンだし。



最後は家族が全員集まって、和やかな雰囲気でしたけど、大人に振り回されたタビンは

深く傷ついてどう成長していくのか、心配になった次第でした。

考えすぎかね…



そして母親たちが強烈過ぎて、3兄弟私好みのキャスティングだったのに、

あまり印象に残りませんでした。

でも、結婚するなら長男ヒョンギ役のイ・ソンジェssiが良いかも へへ








応援クリックいただけると嬉しいです。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ


ありがとうございました。

マイラブリーブラザーズ 観始めました ♪

kage

2013/07/15 (Mon)

「マイラブリーブラザーズ」観はじめました

イ・ソンジェ、リュ・スヨン、ソ・イングクが兄弟を演じるホームドラマ。

訳あり3兄弟のエピソード、熟年離婚を言い渡された父親、この家族の家族愛が

描かれてるドラマでしょうかね。

韓国での視聴率はあまり高くなかったようですが、豪華キャストですよね。

「応答せよ1997」でハマったイングクくん、イソンジェssiもリュスヨンssiも

好きです。

特にリュスヨンssiは好き。 (初告白)

50話、楽しんでいこうと思います(^'^)




相関図、KNTVさんより借りしました。


せがれたち相関図




妻ジョンスクが熟年離婚を宣言し、家を出て行く事になるが、夫ウォンテは反省する

どころか、嬉しそう。

お金を使いこむウォンテを、40年我慢してきた妻ジョンスクですが、とうとう家を

出きます。



ブラザーズ1-1

ブラザーズ1-6




長男ヒョンギ(イ・ソンジェ)は先立たれた妻を今も忘れられずにいる。

ヒョンギの幼い娘アラムを心配する二男ミンギ(リュ・スヨン)。

息子もいるのに、いまだに浮気クセのなおらない三男スンギ(ソ・イングク)。

ブラザーズ1-4

ブラザーズ1-3


ブラザーズ1-5




今日はアラムの遠足の日だが、遅刻してしまい、着いたらみんなが出発していました。

同じく遅れてきたダビンと母イノク。


ブラザーズ1-7

ブラザーズ1-8






ヒョンギの亡き妻の弟ジンは、ミンギの親友。

ミンギとジンは以前、交通事故の現場に遭遇し、シニョンを助けるが、

ジンはその時の事故で、今は車椅子での生活。

留学から帰ってきたシニョンにプロポーズするジン。

ジンとシニョンを祝福するミンギですが、本当はシニョンの事がずっと好きだったのです。

ここがせつない。


ブラザーズ1-9

ブラザーズ1-10

ブラザーズ1-12






三男スンギは、妻ミリムにウソをついて、デート中、そこにミリムが現れる。

そんなスンギにミリムは離婚を言い渡すのでした。

ブラザーズ1-11






ヒョンギが、遠足の場所へ送って行くのだが、場所が変更されてて、

子犬を追いかけてアラムも行方不明になってしまう。


ダビンが行方不明になったと勘違いしたイノクは、駆けつけ、ヒョンギを

責めます。

やっとアラムが行方不明だと理解したイノクは、ヒョンギと一緒にアラムを

捜します。

何とかアラムを見つけだし、その後4人は食事に行きます。

食事代を払わせたヒョンギに最悪のイメージを抱くイノクなのでした。

ブラザーズ2-1

ブラザーズ2-2



イノクの独り言ですが、女性にあっさり食事代を払わせたり、家が近くにも関わらず、

車で送らなかったヒョンギは、バカがつくほど正直もののようです。

「結構です」と言うと、「ハイそうですか」 と言うヒョンギなのでした。

ブラザーズ2-3




そして亡き妻の写真を見て、今日の事を報告するヒョンギ。

ブラザーズ2-4





そしてコンビニにビールを買いに来たヒョンギは、またイノクと会い、

飲酒運転をしてる、してないと口論になる。

ブラザーズ2-7





ジョンスクに離婚を言い渡され、別居中にも関わらず、チャットで知り合った女性と

会う約束をするウォンテ。

そのチャットの相手は、自身の経営する不動産屋の近くで働く犬猿の仲のドクスン。

チャットの相手だと気づかないウォンテとドクスン。

ブラザーズ2-5

おしゃれして待ち合わせのホテルに行く2二人が、笑えますが、

いいんですか!! お父さん。





事故で亡くなったシニョンの両親の墓参りに行ったシニョンとミンギ。

突然の雨で川が増水し、戻れなくなってしまう。

ミンギはシニョンをおんぶして川を渡ろうとするが、バランスを崩して、

2人は川に流される。

川から脱出し、疲れて眠ってしまったシニョンにキスしようとするミンギ!!

ブラザーズ2-6

ブラザーズ2-8



シニョンはまぁ可愛いんだけど、リュ・スヨンssiが好きな私から見ると、

ちょっとね…

ミンギが自分の事を好きなことは気付いてないと思うけど、ミンギの微妙な表情

を見て、どうかしたの?みたいな事を言う訳ですよ

こういうキャラのヨジャはあまり好きではありませんわ~。

ジンとシニョンの幸せを祈ってるんだよ!! と突っ込んでます。

でも、ここでキスしちゃう って所で、続くでした。





妻から離婚前提で別居を言い渡されてるのに反省してない父ウォンテ。

普段は柔和だが、イノクの前では冷静さがなくなってしまう長男ヒョンギ。

夫を亡くしてる(たぶん交通事故でかな)イノクとのラブが見所でしょ。

親友の婚約者をずっと好きな二男ミンギに、幸せは訪れるのか?

浮気者三男スンギも妻から離婚を言い渡される。

「応答せよ1997」とは全く違うキャラです、イングクくん。

改心するのでしょうか?  しっかりせい!! と言いたくなります。





50話、久しぶりの長編ホームドラマです。

愛すべき3兄弟、こんな男性陣ですけど、見守って行こうと思います。







応援クリックいただけると嬉しいです。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ


ありがとうございます。