2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:韓国ドラマ あ行 の記事リスト(エントリー順)

やっぱり面白かった 【応答せよ 1988】 視聴完了 ♪

kage

2016/09/05 (Mon)

     1988-9.jpg




ソウル市双門洞(サンムンドン)の同じ路地に住む5家族の中で起こる様々な出来事を

描いた笑いあり涙ありの家族ドラマ。

そして前の2作から引き継いだ、ヒロインの夫さがし。

これが中心ですが、今回は恋愛模様よりぐっと家族愛が強く描かれているように感じました。

5つの家族の紹介。 画像お借りしました。


  1998-10.jpg





1988-8.jpg



5つの家族から、ドクソン、ジョンファン、ソヌ、テク、ドンリョンの女子1人、男子4人の

幼なじみ5人が中心に恋愛や、それぞれの家族模様が、笑い、涙、涙…で描かれてます。

ソウルオリンピックが開催された1988年、日本もそうであった人情いっぱいの横丁。




「応答せよ」シリーズではお決まりのヒロインの夫さがし。 ドクソンは誰と結婚したのか?

最後までわからない作りになってますが、この人かなというのは何となくわかった(^'^)

成績は良くないが、元気いっぱいなヒロイン、ドクソン。

1988-6.jpg


進学せず、囲碁の道にすすみ極めるテク。

1988-4.jpg


無愛想だけど、実は優しい優等生ジョンファン。

1988-7.jpg





シリーズではヒロインの両親役、ソン・ドンイルとイ・イルファ。

とってもステキな2人でした。

1988-2.jpg


最高に面白かったジョンファンの父と母。

父役のキム・ソンギュンは、前作の「1994」で主要メンバーで笑わせてもらいました。

1988-3.jpg


もう1人、ソヌ母を加えた3人が寄り合ってワイワイするシーンは好き、

ご近所で仲良くって楽しそうシーンがいっぱいでした。

1988-1.jpg



こういう家族やご近所同士のつながりが暖かくて、見所の1つになってます!!

ヒロインカップルだけでなく、ドクソン姉とソヌの恋模様も注目、この結婚式のシーンは

感動、号泣で印象に残ってます(泣)

今では考えられない障害があったりして(同じ姓は結婚できないという)、ちょっと驚きました!!

そして父と娘の関係って、いつでもどこでも一緒だなって思いました。

1988-5.jpg




とにかく笑って、泣いて、笑って、泣いて、また泣いてとすごくいいドラマでした。

この時代ならではという横丁の助け合う人情の深さ、豊かではないけど支え合う家族愛、

見たら懐かしく、昔を思い出すと思います。

(私の歳がいってるということでしょうかね…)

「ヒロインの夫さがし」という所は、絶対1作目「1997」なんだけどね^^

みなさんに機会があれば絶対見てねって、おススメのドラマです。




見たいなって思った方、応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。
スポンサーサイト

チョ・ジョンソク パク・ボヨン出演ドラマ【あぁ私の幽霊さま】視聴完了 ♪

kage

2016/03/02 (Wed)


           20160302-1.jpg

20160302-2.jpg
20160302-3.jpg


今まで見る機会はあったけどなぜかスルーしてきたチョ・ジョンソクssi。

パク・ボヨンちゃんもお初になります。



人気レストラン「サン」で働く内気な女子ボンソン(パク・ボヨン)は、カリスマシェフ

ソヌ(チョ・ジョンソク)に片思い中。

ある日、自分がどうして死んでしまったか分からず、成仏できないちょっとエッチな幽霊

スネに獲りつかれてしまう。

スネに憑依されたボンソンは活発で明るく積極的な女子に変身、そんなボンソンに

戸惑いながらも魅かれていくソヌ。

この2人の恋の展開が見所の1つです。

そして成仏できずにさまよってる幽霊のスネも、三年以内に男性と一夜を共にしないと

悪霊になると巫女から言われ、ソヌに近づく。

もう1つの見所が、スネがどうして死んでしまったかという真相をボンソンと協力して

明かしていくというところ。


スネの死に関わってくるのが、ソヌの義弟ソンジェ(イム・ジュファン)。

ソヌの妹と結婚した警官のソンジェ、実はソヌの妹をひき逃げして、車いすの生活にして

しまった犯人だったのです。

その現場を目撃してしまったスネを殺め、さらにボンソンたちの追及が迫ると、

証拠を見つけた同僚の警官も口封じのため殺害するのでした。

しかし最後は、スネと巫女に追い込まれ、ビルの屋上から自ら転落します。

ソンジェは悪霊に取りつかれていたのでした。



自身の死の真相を明かし、とうとう天に召されるスネ。

やっと安心して逝ける時がきいたのです。  ここが泣ける~

そしてもう1つ、スネの最期を知り、倒れてしまった父親に対する娘としてのスネの気持ち

にも泣ける~

まだ死んではダメだと夢の中で語るスネ、父は意識を戻すのでした。 泣ける~



とっても可愛いボンソンとツンデレなソヌの恋愛模様と泣ける幽霊スネの死の真実。

ちょっとキュンとしてほろっと泣けるあたたかいストーリーでした。

主役のパク・ボヨンちゃん、ほんと可愛かったです!! 



ラストは、コンクールで3位に入賞し留学したボンソン。

ソヌはレストラン「サン」を従業員たちにゆずって、新しい店でスネの弟と働いています。

スネは父親もだけど弟の心配もしていたんですね。

ソヌはその思いもくんでましたね。  ステキでした❤

韓国へ戻ったボンソンとソヌは再会してハッピーエンド、良かった!!


なんとビルから転落したソンジェは死んでいませんでした。

入院しているソンジェの元にソヌの妹が、車いすではなく自分の足でお見舞いにきます。

自分をひき逃げしたソンジェを許したんでしょうかね?

ここはちょっと意外でした。  ソンジェは死んでしまったと思いこんでました、私。



そんなに期待せずに見たけど、とてもあたたかくて良かったです。

なぜジョンソクssiドラマを観てこなかったんだろうと、ちょっと後悔しちゃったくらいのヒット

です(//∇//)

あっ、物語には全く絡んでませんが、「サン」で働くボンソンの同僚のみんなもとっても愉快で

笑わせてくれました。  ジュンがイケメンでした(#^.^#)

ぜひ、チェックを~~



チョ・ジョンソクssi大好きな方、応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。



エンジェルアイズ 視聴完了、 カン・ハヌルくんがいいです❤

kage

2015/03/12 (Thu)

イ・サンユン、ク・ヘソン主演ドラマ <エンジェルアイズ> 観終りました!!

イ・サンユンssi、なんとお初でございます。

高校時代の2人をそれぞれ、カン・ハヌルくん、ナム・ジヒョンちゃんが演じていますが、

ク・ヘソンssiとジヒョンちゃんがかなりシンクロしていますよ!! 似ています!!


相関図お借りしました。  ありがとうございます。

エンジェル相関図



トンネル崩落事故で母親と視力を失ったスワン(ナム・ジヒョン)。

ドンジュ(カン・ハヌル)の父は救急隊員で、その事故でスワンを助けようとして命を

落としてしまいました。

数年後、ドンジュはおかゆの配達の途中、スワンを見かけ、好意を抱くようになる。

その後、ドンンジュとスワンは付き合うようになり、ドンジュの母ジョンファ、妹のヘジュとも

仲良くなり、家族の様に過ごすのでした。

ある日の早朝、おかゆの配達をしていたジョンファが交通事故に遭い、

スワンの父の病院に入院する。

理事長ヨンジは、その事故を隠ぺいするため、ジョンファの点滴にフグ毒を注入するのでした。

その直後、ジョンファがスワンに角膜を提供すると言ったため、

スワンの父は酸素マスクを外そうとする。

ジョンファの容体は急変し、息を引き取ってしまう。

スワンの父は自分がジョンファを死なせたと思い、妹と渡米したドンジュを訪ねる。

ドンジュはジュボムの支援で医者になり、親子のような関係になる。

12年後、ドンジュは帰国、ジョンファの角膜で視力を取り戻したスワンは救急救命士になっていた。


エンジェル2


エンジェル5





ドンジュ(ユ・サンユン)はスワン(ク・ヘソン)を訪ねていきますが、スワンはドンジュの顔が

わかりません。

スワンには婚約者がいるので、ドンジュの切ない思いがたまりません…

そしてやっと2人がわかりあえた時、またまた問題が!!

スワンの父がジョンファの酸素マスクを外そうとしたことがスワンたちに知られてしまい、

そのことを悩むスワン。

ジョンファが提供者だと知らなかったのです。


しかしジョンファが亡くなった本当の原因は、理事長ヨンジが点滴にフグ毒を注入したから。

事故を起こしたのはヨンジの息子で、スワンの婚約者だったジウン。

ヨンジは事故を隠ぺいしたのでした。


全ての真実が明らかになったにも関わらず、ドンジュの元を離れたスワン。

ドンジュはスワンを捜し出すが、交通事故に遭ってしまう。

スワンは生きているうちに愛し合うことが大切だと気づくのでした。




何といっても、高校時代のドンジュを演じたカン・ハヌルくんの笑顔がすてきでした(*^。^*)

今年の一押しだな~

イ・ミンホドラマ「相続者たち」にも出演していて、知名度もグンと上がってる俳優さんですよ。

エンジェル3



同じく高校時代のスワンを演じたナム・ジヒョンssiとク・ヘソンssiがとってもシンクロ

していました。

エンジェル1





スワンも戻ってきて、思い出の天文台でのラスト。

やっと幸せが訪れた2人でした。

やっぱり、カン・ハヌルくんが良かったという印象でした、テヘ。

エンジェル4





カン・ハヌルくんが気になる方、応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。

<応答せよ 1994> 視聴完了です。

kage

2015/02/08 (Sun)

ハマりにハマった<応答せよ 1997>のスタッフが再集結して作られた<応答せよ 1994>。

ヒロイン、ナジョン(Ara)の夫は誰か? 

90年代と2013年を行き来して物語は進んでいきます。

候補はスレギとチルボンの二人に絞られてましたけど。



1994年、新村で下宿を営むナジョンの家族。

そして家族と一緒に暮らすナジョンの幼なじみのお兄さん、スレギ。

ナジョン家族の下宿に地方から下宿人、テヘ、サムチョンボ、ピングレ、ユンジン(女の子)

ピングレのいとこで、大学野球界のスターチルボンがやってくる。

スレギ兄さんのことが好きなナジョン。

そんなナジョンに想いを寄せるチルボン。

そしてスレギもナジョンが好きなことに気づいて…



2013年、ナジョンのマンションに集まるスレギと下宿生たち。

ナジョンは誰と結婚したのか?

ずっとわからないまま、21話最終回まで進みます。



ナジョンとスレギは結婚まで行くかと思いましたが、ナジョンが就職してオーストラリアに行った

ことですれ違い、お互いを気遣いすぎて、別れてしまいます。

韓国へ帰ってきたナジョンの元へ、アメリカでメジャーリーガーとして成功したチルボンが

現れます。

二人は接近しますが、再会したスレギに心が動くナジョンなのでした。

スレギが風邪を引いて家に来てほしいと言われたことで、ナジョンとスレギは、

まだ気持ちがあったことに気づきます。


わかってはいたけど、ナジョンのダンナさまは…

1994-10.jpg


ですよね。


チルボンとはいい別れだったと思います。

自分を好きになってくれたことに感謝するナジョンなのでした。

1994-9.jpg


1994-8.jpg


この後チルボンが一人泣いているのがとても切なくてねぇ…

チルボン、とても優しくていい子だよ、格好いいし。

私はチルボンを応援してたよ~




1994-11.jpg


サムチョンボとヨンジンは下宿中からずっと付き合って結婚したし、テヘもピングレも

初恋を実らせました!!  

我らがチルボンもメジャーリーガーとしてさらに成功して結婚もしたみたい。

2002年、日韓ワールドカップの韓国vsイタリアの試合があった日、ある女性と偶然

ぶつかったチルボン。  

その女性はナジョンと同じなまりがありました。

たぶんチルボンは、この女性と結婚したと思われます。



ナジョンの家と思われたマンションは、実はチルボンのものだったのです。

アメリカで暮らすチルボンがナジョン、スレギ夫婦に貸していたのでした。




1994-2.jpg


そしてイタリア戦の翌日、最後まで下宿に残っていたテヘも下宿を出て行きました。

ナジョン家族は下宿を閉めることとなり、最後にみんなで記念撮影。

これを撮ったのが200万画素デジカメなんですね~

こういったその時代のアイテムなども登場して、おぉぉと思わせてくれます。

やはり携帯は進化しましたね。




ナジョンの父、母役は<1997> に続き、このお二人。ソン・ドンイルssiとイ・イルファssi。

1994-1.jpg


ソン・ドンイルssiのキャラはそのままで笑わせてくれました。

とても素敵な夫婦にして、あったかい下宿人たちのお父さんとお母さんでした。




このコンビもナイスでした~  テヘとサムチョンボ。

始めは正反対の性格で、全く合いませんでしたが、いつの間にか仲良くなっていって、

仲良くなっていく過程も良かったです。

二人のやり取り、笑わせてもらいました。

1994-3.jpg




<応答せよ 1997> ファンとしてはたまりませんね(^o^)

こんな方々もカメオ出演してくれました!!

1994-4.jpg

1994-6.jpg

1994-5.jpg


スレギが釜山に行った時、いっしょのバスに乗り合わせたという設定でした。

そして2013年、ユンジェ(ソ・イングク)夫婦は、ナジョンの部屋の上の階に住んでたのですよ。




<1997>ほどハマったという訳ではないけど、最後まで誰がナジョンと結婚したのか?

わからない作りとか、その当時流行ったものなども見ることができ、とても楽しめました。

笑ったし、ほろっときたりもしたよ~~

そして<1997>のメンバーも出演してくれました。






観たくなった方、応援クリックチュセヨ。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありあとうございます。

<応答せよ 1994>  ヒロインの夫さがし。

kage

2014/09/28 (Sun)

見たいと思っていた「応答せよ1994」、 Mnetで始まり、やっと観ることができました。

ただいま、3話まで。

「応答せよ1997」では、ドラマの作りにもソ・イングクssiにもどっぷりハマりました

今回も、ヒロインの夫は誰なのか?

同じなんだけど、「応答せよ1994」では、夫候補が5人。

2話までで、ヒロインの夫候補5人が全て登場しました~


物語は2013年10月、そして1994年にさかのぼって、ヒロイン、ナジョンの夫捜しが

始まります。



【あらすじ】


1994年、ソウルで下宿を営むナジョン(Ara)の家族。ナジョンに実の兄のように接する幼馴染のお兄さんスレギ(チョンウ)は、ナジョンをからかうのが唯一の趣味で、顔 を合わせれば常に言い争いが始まる。そんな彼女の下宿に地方からやって来たお調子者のヘテ(ソン・ホジュン)、レスリー・チャンに似ていると言われるサムチョンポ(キム・ソンギュン)、寡黙な青年ピングレ(バロ(B1A4))、そしてピングレのいとこでソウルに暮らす大学野球界期待の星チルボン(ユ・ヨンソク)という5人の素直で純情な青年たち。5人それぞれがヒロイン、ナジョンへと思いを寄せ始める・・・。

そして2013年、ナジョンのマンションにあの下宿時代の仲間たちがやって来る。

果たして、彼女の ハートを射止めたのはいったい誰なのか!?


(Mnetよりお借りました)



ヒロイン、ナジョン(Ara)、2013年と1994年(20歳)。

IMG_0335.jpg


IMG_0337.jpg




最初は実の兄かと思った。 幼なじみのオッパー。

ナジョンの兄は、子供の頃亡くなっていて、その後は実の兄のような存在。

最初見た時は、ん?と思ったけど、ナジョンをからかいつつも、

ナジョンに対して、すごく優しいナイスガイ。 夫候補No1

IMG_2671.jpg




下宿では、同じ部屋のヘテとサムチョンポ。  地方出身。

全く違う性格の2人だが、いつの間にか仲良くなっていたという…

IMG_0330.jpg


IMG_0331.jpg



下宿では1人部屋のピングレ。

IMG_0325.jpg


下宿生ではないけど、ピングレの従弟、チルボン。

IMG_3070.jpg




そして下宿屋を営むナジョンの両親は、「1997」でもヒロインの両親役だったこのお二人。

ガサツな娘の婿を下宿生の中から探そうともくろむ。

「1997」同様、掛け合いがとっても面白いです!!

父はやっぱりプロ野球のコーチをしてるようです。

このキャスティングはうれしいですね。

IMG_3347.jpg




ナジョンの夫候補5人が出そろいました。

実は5人ともお初でございます。

私は幼なじみのオッパーが未来の夫だと思いますが、どうかな?

最後まで解らないつくりになってますよね、きっと。

当時の懐かしいアイテム、ポケベルなども登場。

楽しくみていけそうです




応援クリックチュセヨ。ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


ありがとうございます。